Spurs|デリック・ホワイト、チームメイトから称賛される落ち着きと、偉大さを目指す内に秘めた闘志

はじめて彼の名前(前半部分)を見たときは、D-R*seがトレードされてきたのかと早合点して吐きそうになった。そのショックも次第に薄れ、なんだかオモロイ選手だなあと思うようになった。

たとえばBryn Forbesのプレイを見て連想する言葉はa chip on his shoulderだが、Derrick Whiteの場合はeven-keeledunassuming。SlowMoくんやBrynみたいに試合中にフラストレーションをあらわにすることがあまりなく、感情のブレが少ないように見える(好みのタイプだ)。

そしてDJやSlowMoくんほど目立ちはしないものの、意外に長さがある(身長が伸びるのが遅かったというから、その影響もあるのかもしれない)。アグレッシブという印象は受けないのに、James HardenやKyrie Irvingを相手に回しても物怖じしたようには見えない。インタビューはあまり得意ではなさそうで、受け答えはややぎこちないが、そこがまたカワイイ(Kawhiとは違ったvibe)。

 

リストバンドに刻んだモットーは、“Dare to be great.”なのだそう。👀

www.expressnews.com

By Jeff McDonald | Dec. 31, 2018

Quiet, unassuming and often unemotional, Derrick White does not often wear his heart on his sleeve.

He does, however, wear his life’s goal around his wrist.

“Dare to be great,” reads the four-word aphorism on the rubber wristband the second-year Spurs guard sports every time he takes the floor.

“That’s my motto,” White said said. “It has been since I was young.”

Popのお墨付き。NBAで生き残るには、技術や運動能力だけではなく、自らへの信頼、精神力が不可欠なのだろう。

“He played like he belongs in the league and can play with anybody,” Spurs coach Gregg Popovich said. “That was the best part.”

左手にしている白いリストバンドがそれかな?

www.instagram.com

 

DeMarからも称賛の言葉。

news4sanantonio.com

 

個人的には一番グッときた、LMA先輩の言葉。😭😭😭

昨シーズン、Kawhi不在のチャンスをものにして飛躍を遂げたのがSlowMoくんだった。今期はDJが抜けてできた機会を、Derrickがものにする番だ。

 

おまけの敵将。

さすがはBrad Stevensさん、お目が高い(笑)。Danny、Kawhi、SlowMoくん、DJと、ディフェンスの強い選手が軒並みいなくなり、試合時間のほぼ半分を占めるディフェンス時に見ていて楽しい選手はLMAと、最近頭角を現してきたDerrickくらい。2年目Derrickにはさらなる成長ができるので、余計に楽しいのです。

Go Spurs Go!