タッカー・カールソンの番組スポンサーとなって批判される日産自動車と、日本人に間違えられて殺された中国系アメリカ人ビンセント・チンさん

FOXニュースで看板番組を持つタッカー・カールソンといえば、こちらのインタビューが最高に面白かった(なぜかお蔵入りにされてしまったものだから、インタビューされたオランダ人歴史学者さんが映像を提供してくださっています)!!! 😆😆😆

www.youtube.com

日本語訳がこちらに。後半はまさに「発狂」(笑)。

galapagosjapan.blog.fc2.com

ダボス会議でのこの発言で一躍時の人となったオランダ人歴史家ルトガー・ブレグマンさん。

www.instagram.com

 

ところでエリート支配層の批判や移民排斥が大好きなカールソンさんですが、実は...。👀

 

さてインフィニティ(日産の高級車ライン)さんは、そのタッカー・カールソンの番組スポンサーに。😒😒😒

インフィニティUSAさん、こんにちは。今晩貴社はTucker Carlson Tonightに宣伝を出しておられましたが、あの司会者は移民が米国を『より貧しく、より汚く』すると主張したり、男性の収監率上昇を女性の社会進出のせいにしたりしています。これは貴社のブランドにはそぐわないのではないでしょうか。どうかご再考を。

収監率のくだりが理解できず調べてみたら、女性が男性よりも稼ぐようになると、男性と結婚する必要がなくなり、伝統的な家庭が崩壊、男性はアルコール・薬物乱用に走って刑務所に行き着く、ということらしい。

www.thedailybeast.com

 

日産さんはご存知でしょうか、レイプによって妊娠させられた女性は(強制的にでも)出産させるべしとカールソンさんが言っていることは?

そんなこんなで多くの企業がスポンサーを降りているのに、なぜ日産は...。

 

いまタッカー・カールソンが「汚い」だの「アメリカ人から仕事を奪っている」などと非難しているのは主に南米からの移民だけれど、日米自動車摩擦が深刻だったとき、矛先を向けられたのは日本人だった。

誰がビンセント・チンを殺したか

インフィニティ/日産のPR担当者さんはVincent Chinの名前を聞いたことがあるだろうか。私は姪御さん(かな?)のツイートを読むまでChinさんも事件のこともまったく知らなかった。

対米貿易で莫大な黒字を拡大し続ける日本は好況に湧き、60年台から対日赤字を続けるアメリカは不況に沈み、米国の自動車メーカーは、1970年代終わりから1980年代にかけて壊滅的な打撃を受ける。この対比は米国人の対日感情を悪化させ、米国では日本の市場の特殊性を閉鎖性とみなし、極端な円安を問題視して「ずるい日本」とみなす議論に支持が集まるようになる。反日感情が高まるなか、1982年には中国系技術者のビンセント・チンが日本人と誤解されて、3人の白人に撲殺される事件も起きた[2]

[ジャパンバッシング - Wikipedia]

 

www.youtube.com

www.youtube.com

twitter.com

ja.wikipedia.org

 

おりしも米中貿易戦争が激しさを増している。白人ナショナリストが、今度は中国人をやっつけるつもりでうっかり日本人を野球バットか何か殴り殺して、その犯人がタッカー・カールソンのファンだということが後に判明したりしたら、インフィニティ/日産の関係者はちょっと寝覚めが悪いだろうなあ...。などと想像してしまう今回のニュースなのでした。

 

近ごろ英国で流行るというミルクシェイクが飲みたくなってきた。