Spurs 2018-19|Game 3 @ Los Angeles Lakers 「生命維持装置にかけられたディフェンス」

Spursが苦手とするアウェイ戦、しかもLALには昨シーズン3戦全敗を喫しており、不吉な予感が拭えなかったのだが...。

www.instagram.com

延長戦にもつれ込みながらも、なんとか勝利。🤗

LALは先日のHustonとの乱闘(小競り合い?)に加わったとしてBrandon IngramとRajon Rondoが謹慎中。その影響もあったに違いないのだけれど、PtRが指摘するところによるとカギを握るのはこの人だった。

The Spurs’ road woes are well-documented by now. Apparently LeBron James is the cure, as the Spurs hadn’t won a game on the road since defeating James and the Cavaliers back on February 25th.

まさか2月から負けっぱなしだったとは(笑)。ありがとうLebron。延長戦突入からその幕切れまで、まさに“The King giveth and the King taketh away.”の順序を逆にした展開でした。

 

それにしても開幕から我らがSpurs、相手チームがともに3桁に乗せるハイスコア戦が続いている。オフェンスに関しては「金を出しても得点が買えない」とファンを嘆かせた昨シーズンを思えば大きな飛躍だ。

ディフェンス好きとしてはしかし、見ていて楽しいとは言い難い。

 

恐ろしいことに、ディフェンスが風前の灯火なのはSpursだけではなく、リーグ全体の傾向なのだとか。😰

www.espn.com

Jackie MacMullan, ESPN: Draymond Green is right. Defense is on life support at the moment in the NBA, partly because of a flurry of calls that allow no breathing room for the defender. Also, as Spurs coach Gregg Popovich explained before Monday night's game against the Lakers, teams have the ability to roll out lineups with five 3-point shooters on the floor. That's difficult to defend with conventional strategies. People love scoring, and it's coming in bunches.

数学的には3ポインターが正義、というのは理解できる。でも“people love scoring”というのは本当かなあ。たとえばオールスターでの華麗で大雑把な試合には、私はまったく魅力を感じないのだけれど...。

 

今でも考えてしまう、プレシーズンのAtlanta戦、Hawks期待の新人Trae Youngくんがあっさり放った(かに見える)決勝のDeep 3。

youtu.be

StephやLebronならわかるが、新人君が? コーチの指示なのか? とあっけに取られた。今後もNBAを楽しく観戦しようとするなら、こういうのに慣れていく必要があるのかも。

 

nuscimag.com