Spursのトレード・FA戦略に英語を学ぶ|Stand Pat (しかし2年後は?)

今期オフもNBA、NHLともにいろいろ騒がしいことになっている。昨日のビックリは(Kawhi & PGのLAC移籍ではなく)Sullyの契約延長だった。

www.instagram.com

penguins: Congrats Coach! The Penguins and head coach Mike Sullivan have agreed to a four-year contract extension. The extension will run through the 2023.24 season.

Pensが先日Wilkesに大物HCを据えたこともあり、てっきり『レギュラーシーズン前半は絶不調、HCを解雇、新HCを得て後半から盛り返し、そのままリーグ制覇』という異様に成功率の高い例のあの作戦を試すつもりなのかと思っていましたよ。😁

 

ところで私の今期オフのトレード/FA移籍予想は以下の3つ。

  1. KawhiはClippersへ
    理由:KawhiがSpursにトレードを要求したときから見え隠れしていたUncle Dennisの野望(甥っ子のスターダムを利用して自分もスポーツ・ビジネスの世界でのし上がる)は、トロントや既にスター選手がいるLALでは達成できない
  2. Phil Kesselのトレード先はアリゾナ
    理由:ミネソタが嫌だと言うなら、Kessel whispererのRich Tocchetがいるアリゾナはどうだ、と軽いノリで予想
  3. Genoのトレード先はダラス
    理由:現在ピッツバーグへ単身赴任中のGonch先生がダラスに住む家族を恋しがっているらしいので、もう一緒に行っちゃいなさいよ!

1つ目については妙な自信があった。でも2つ目はほとんど冗談で、3つ目に至っては完全に冗談ですから! どうかどうか3発3中とはなりませんように...!!! 😱😱😱

 

Spursのトレード・FA戦略“Stand Pat”

オフやトレード期限前のSpursファンダムでよく見かける言葉に“stand pat”がある。大型トレードによる補強や大物FA選手の獲得を行わず、ほぼ現状維持、みたいな意味で使われる。

以下はGoogle検索結果の一部。

  • Preserving present and future, Spurs stand patSan Antonio Express-News
  • Spurs stand pat as league improves around them - ESPN
  • San Antonio Spurs stand pat at 2018 NBA Trade Deadline: Now what?
  • Parker, Ginobili indicate Spurs should stand pat at trade deadline
  • Spurs gonna stand pat. : NBASpurs - Reddit
  • Leonard thinks Spurs should stand pat at trade deadline

“Stand pat”の語源については、音や意味が“stay patient”や“stay put”に似ている、patはpatientの短縮形かしら...などと思っていた。調べてみると主に北米で使われるポーカー用語から来ているようだ。

www.merriam-webster.com

en.oxforddictionaries.com

 

ポーカー用語集 | poker-10jqka.com

スタンド・パット Stand Pat
カードを交換しないこと
プレーヤーはテーブルを軽く 2 回叩いて意思表示する

つまりpatはpatientの短縮形ではなく『軽く叩く』のpatなのかな。

 

検索した記事には“stay pat”という表現もあった。これはPopによる『言いまつがい』なのか、あるいは記者のタイポなのか、それともこういう表現があるのか...。🤔

単に“stand/stay pat”の例として読み始めた記事だけれど、Popの発言は大変に興味深かったですよ。

Coach Pop Pregame Media Availability | San Antonio Spurs

Jan. 8, 2014

(On the risks of disrupting chemistry when making trades or roster changes…)

“It’s scary, mostly because of what you just said. The personality of the team is very important. The relationships and how they get along, how they interact not just on the court but in the locker room, who says what to who, who the leaders are and who the followers are, all of that kind of stuff. You don’t want to upset that apple cart, whenever the trade deadline is unless you have a need. If there’s a hole or a need because of an injury or something you just don’t have on your team. Usually we just stay pat, but there have been a couple of times where we thought we needed to add. [...]

 (下線は引用者)

 

ただし2年後にはSpursが普段のStand Pat戦略を放り出して、トレード・FA市場でビッグ・プレイヤーになるのではという観測がある。

www.poundingtherock.com

by BrunoPassos

There’s enough giddy uncertainty in the present for Spurs fans to have to simultaneously sweat what happens two years from now, with the team busy ushering in a youth movement while looking to build upon last year’s 48-win season in all the meaningful, marginal ways we’re used to in San Antonio. And yet, this summer’s moves also signal at least a back-of-the-mind focus on maintaining flexibility into the summer of 2021 where anything is, ostensibly, possible.

Giddy uncertaintyとはファンダムの空気をよく表している。

 

『ユース・ムーヴメント』の一翼を担うことを期待されている新人くんたち。ドラフト前にはSpursが指名順位をトレード・アップするのではとも噂されたが、結局は“stand pat”だった。

www.instagram.com

The rooks spent the afternoon taking in Las Vegas ahead of their first @nbasummerleague game! 📍

眩しいほどの若さ(左から19歳、22歳、19歳)と可能性にくらくらする。

Go Spurs Go!